qa

Q&A:ラミネートやビニール生地をキレイに縫うコツ!

夏にピッタリなラミネート加工のバッグやポーチ。簡単にまるで売り物みたいな可愛い作品が出来るので、嬉しいですよね!でも、そのままミシンで縫うと縫いにくい…というお悩みをよく聞きます。
今回は、ラミネートやビニールなどの、すべりにくく縫いにくい生地を縫いやすくするためのグッズをご紹介します!

おススメ1「シリコンペン」

「シリコン剤が、ペン型容器の中に入っているので、塗りたいところにピンポイントに塗ることが出来ます!
ミシンの針や抑え金の裏に塗ったり、生地側の縫う部分に塗っておくと、生地が滑りやすくなるので、縫いやすくなります。
その他、ファスナーなどに塗っても、スムーズな開閉が出来るようになり便利です!

おススメ2「ニッティングシリコン」

こちらは、スプレータイプのシリコン剤です。同じように、ミシンの針や抑え金、生地にスプレーする事で、ラミネート生地やビニールコーティングの生地が縫いやすくなります。
シリコンペンと比べると大容量(220CC)なので、お得に使うことが出来ます。
※スプレーする際は、床などに飛び散らないようご注意ください。  誤って床にかかると、すべりやすくなるため危険です。

おススメ3「テフロン押え」

ミシンのアタッチメントです。 普通の押えでは、すべりが悪く縫いにくい生地でも、スムーズに縫うことが出来ます。

*ジグザグの出来る「テフロン押えZ」もあります。

おススメ番外編「しつけテープ」

ラミネート生地やビニール生地に待針を打つと穴が開いてしまうので、弱粘着のしつけテープでしつけをした上で縫うと便利です!

*縫った後は外してください。